京都市の自動車電装なら『株式会社Super Energie Connection』へ

株式会社Super Energie Connection

PHILOSOPHY

当社について

自動車の電気に関わる事ならすべてお任せください

バッテリー・ETCなどの一般電装品の販売・取付・メンテナンスはもちろん、消防車・救急車・馬運車・冷凍車などの、特殊車輌の電装・冷房システムの架装や修理も行っており、その分野において関西ではパイオニアであると自負しています。
また、タクシーメーターや運行管理装置デジタルタコグラフなどの車両計測機器の販売・取付も、幅広く対応させていただいております。

Super Energie Connectionってどんな会社?

01

1961年に創業

「杉江電機工業所」(後の「杉江電機工業株式会社」)として創業

02

事業展開

「自動車電装機器事業」⇒「移動体通信機器事業」⇒「テナント事業」と派生

03

2018年に組織再編

ホールディング体制となり、「自動車電装機器事業」は「株式会社Super Energie Connection」として設立

04

社員数

44名

05

社員の平均年齢

42歳

06

社員の平均勤続年数

14年7ヵ月

07

社員の男女比

8:2

08

売上高

7億1000万円(2019年度)

09

「自動車電装機器事業」とは?

バッテリーやETC・カーナビ・タクシーメーター・デジタルタコグラフ等の販売・取付、エアコンや冷凍機の取付・修理等、車の電機に係わる様々な仕事をしています。

10

わが社のいちおし

全国の馬運車の冷房装置につきましては90%を弊社が手掛けています!京都市の消防車・救急車・ゴミ収集車・市バスにおきましては、弊社の手掛けていない車輌はございません!

杉江電機グループ会社のご紹介

杉江電機グループは、効率的な企業経営、グローバル化が常態化した中での迅速な経営判断や大きな視野での資本政策等を行うため、ホールディング体制をとっております。

株式会社杉江電機ホールディングス

株式会社Super Energie Connection

経営理念

私達は お客様、会社、地域の大満足を追求する事で
元気な日本社会の発展に貢献します。

私達の事業(仕事)がお客様、自社だけでなく地域社会全体の幸せにつながる経営を心掛けましょう。

私達は 環境にやさしい経営を続ける事で、
未来に元気な地球を残すことを約束します。

私達が事業(仕事)をする事自体は少なからず地球環境に負担をかけています。
その負担をできる限り減らしよりよい地球環境を残し、次世代の幸せにつながる経営を心掛けましょう。

私達は 元気を創造し、夢・希望・誇りを持って働ける
全社員幸福経営を実現します。 

私達の人生は人と人の繋がりから始まります。そして夢や希望の先には必ず周りに大切な人がいる筈です。
人を思い人の為に行動する時、大きな元気が生まれています。
その元気が、関わる人の幸せにつながる経営を心掛けましょう。

代表者挨拶

代表取締役社長

杉江 勝   Masaru Sugie

近江商人の心得、三方よしのようにお客様はもちろん、会社(社員)そして地域社会全体の幸せに繋がる経営を心掛けています。59年の歴史を考えても、多くのお客様にお世話になり、先代をはじめ何人もの先達に築いてもらい、地域に支えてきていただいた礎に、現在の株式会社Super Energie Connectionがあります。
今では京都市においても、消防車や救急車、ごみ収集車や市バスなど弊社が手掛けさせていただいている車輌が町中で活躍しています。
幸せが「自分」だけじゃなく、「今」だけでもなく、これから先もずっと幸せな地域に必要とされる会社創りを進めていきます。
先ずは、社員とともに100年企業を目指して!

ページトップへ戻る